カメラ・レンズを高額買取!

大手より20%高い製品多数

すべて
定額買取
トップ カテゴリ ズームレンズ SONY FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G
SONY FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

SONY FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

SONY Eマウント
2014/03/20発売

2014年、フルミラ時代初期に発売されたSONY FE 70-200mm F4 G OSS。既に後継のII型も発売されていますが、今なお、ニーズの高いSONYの初代小三元望遠ズーム。10年経っても廃れない高いクオリティで設計されたレンズ性能をみつつ、10年たった今だからこそ見えるレンズ設計思想の変化などをみていきましょう。

\大手より20%高く買い取る製品多数!/

ONE SCENEの買取サービス

カメラ/レンズを買い取ります!

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

本体の買取額:88,900円(定額)

参考:この製品の大手他社の買取参考価格は約84,000円です。大手他社より約4,900円お得です。

他の製品の買取価格を調べてみる >

改めてみるSONYの初代小三元望遠ズームの実力とは

SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS
SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS出典: instagram(@lovemarron_room)
SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS
SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS出典: instagram(@lovemarron_room)
SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS
SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS出典: instagram(@lovemarron_room)
SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS
SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS出典: instagram(@lovemarron_room)
SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS
SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS出典: instagram(@lovemarron_room)

2014年発売のSONYの初代小三元望遠ズームFE 70-200mm F4 G OSS。GMシリーズが発売されたのが2016年ということで、当時としてはSONYの最高グレードレンズとして発売されました。

ミラーレス黎明期に発売されたレンズということで、どちらかというと、一眼レフ時代のレンズコンセプトに近い設計のレンズです。サイズ感としても一眼レフ用のEF70-200mm F4L IS II USMなどといったレンズと大きな差はなく、近年のミラーレス用レンズにありがちなサイズ感重視といった部分はあまりみられませんが、当時としてはコンパクトと評価されたレンズでした。

ホワイトの外装、防塵防滴に優れたインナーズーム設計、質感の高さなどの鏡筒デザインは流石Gレンズ。歪曲収差、倍率色収差、周辺光量落ちはデジタル補正も可能ですが、補正なしでも使えるほどによく補正されていて、高い光学性能もあります。SONY純正レンズらしい、柔らかなボケ味も楽しめます。SONYの当時最高グレード、Gレンズとしてのクオリティを重要視したレンズ設計といえます。

レンズ設計としては、超コンパクトを追求するなどといった冒険的な面はなく、一眼レフ時代の設計を継続開発したコンサバティブといった印象ですが、だからこそ非常に質実剛健な印象のあるレンズとなっています。

10年たった今だからこそ、II型との比較で見るレンズ設計の変化

FE 70-200mm F4はI型の発売から9年経過した2023年7月にFE 70-200mm F4 Macro G OSS IIという後継レンズが発売されています。

製品
価格

新品: 135,907円

中古: 96,800円

新品: 212,760円

中古: 206,240円

焦点距離70-200mm70-200mm
F値F4.0〜22.0F4.0〜22.0
最短撮影距離100.0cm26.0cm
絞り羽根枚数9枚9枚
重量840g794g
発売日2014/03/202023/07/28
表は左右にスクロールできます

成熟期を迎えるフルミラ時代に発売されたII型。インナーズームのI型とは違い、アウターズーム機構が採用されたことと、「Macro」の型名からわかるように、高い近接撮影性能があるということが大きな変更点。

アウターズームは全長が変化することで、鏡筒内のレンズ配置に余裕が生まれるため、光学設計的な優位性があります。また、収納時は鏡筒の全長を抑えられるので携帯性にメリットも生まれます。

近年のフルミラ用レンズの設計コンセプトは、より高画質となっているフルミラボディの性能を引き出すために、鏡筒設計などで光学設計に余裕をもたせて、高い解像性能引き出すという傾向と、一眼レフよりもコンパクトなボディサイズを活かすためになるべくコンパクトな鏡筒設計をするという傾向があります。II型はまさにそういったレンズ設計を踏襲した形のレンズ。

I型とII型の光学性能を比較すると、中心部の高い光学性能は同等ですが、周辺部の解像力でII型かなり改良されていることがわかります。これはアウターズームを採用したことが一つの理由となっています。

また、もう一つの光学性能がデジタル補正の活用です。II型は周辺光量落ちや歪曲収差の補正などを光学的にではなく、デジタル補正を活用したことで、そこでも光学的な余裕が生まれて、周辺部の解像力向上に貢献しています。

逆に言うと、I型は10年経過した今でも中心部の解像力は高画素機の性能を活かせる十分な性能があり、デジタル補正に頼らない素の描写を好む人にとっては魅力のあるレンズと言えます。

またアウターズームにはデメリットがあります。昨今の加工精度や防水処理はかなり高い精度があるとはいえ、鏡筒可動部の微細なガタツキが発生したり、隙間から異物や水分がレンズ内に入る可能性はあります。そういった点でいうと、インナーズーム採用のI型は、堅牢な鏡筒で、純粋な信頼性はI型が高いと言えます。

堅牢な鏡筒は長く愛用できるというメリットを生みます。数年ごとに更新される新型レンズを常に使い続けるのであれば、大した差はありませんが、何年も使う場合は、差が出る場合もあります。

堅牢さは中古レンズを選ぶ場合もメリットとなります。堅牢なインナーズームを採用したレンズは状態の良い中古レンズが多くなるので、中古での入手性も高まります。

中古での入手性の良さもメリットです。I型のFE 70-200mm F4 G OSSは新品価格もII型に比べると大きな差があり、非常にコストパフォーマンスの高いレンズと言えます。

愛用者のコメント

佐野 寛了

佐野 寛了

1993年、静岡県生まれ。日常を独自の視点で切り取り発信している。SNSで富士山の写真が2年連続でバズり各メディアで取り上げられ、静岡県の観光啓発ポスターにも採用された。

良く使用するレンズは

  • FE 24-105mm F4 G OSS
  • FE 70-200mm F4 G OSS
  • Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

です。

ズームレンズは主にスナップの時に使用していますが、瞬時に自分がイメージする画角に持っていけるのはズームの強みであり、見た目の割に意外と軽く片手でもシャッターを簡単に切れるのが嬉しいです。またGレンズということもあり、解像度も良く、F4通しというのもポイントが高いです。

35mmの単焦点レンズはポートレートの時に使用しています。このレンズはボケが滑らかで心地よく、何といってもその場の空気感を写し出せるのが非常に気に入っています。

SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS
SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS出典: instagram
SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS
SONY α7 III / FE 70-200mm F4 G OSS出典: instagram

ユーザーレビュー

■ ポジティブレビュー

  • ピント面、ボケ感ともにピーキーな感じが少なく、自然な描写が魅力のレンズ
  • サイズは焦点距離と明るさを考えると妥当
  • 柔らかいフレアの雰囲気が素晴らしい
  • AF速度と歩留まりは、さすが純正レンズのクォリティ
  • 取り回しも良く望遠ストリートスナップに最適

レビューでは「自然な」というキーワードが多くありました。SONYらしい自然な描写が魅力のレンズです。

■ ネガティブレビュー

  • α7シリーズとの組み合わせでは重量バランスが前よりになる
  • フォーカスホールドボタンがちょっと遠くて押しにくい
  • レンズ側のスイッチが若干硬い
  • 妥当なサイズだが、気軽に持ち運べる大きさではない
  • 最短撮影距離が長めなことが残念

SONYがフルミラを発売し始めた初期のレンズということでボタン配置などの操作性では要改善のポイントがあるようです。

まとめ

発売から10年経っても魅力あふれるSONYの純正小三元望遠ズーム、FE 70-200mm F4 G OSS。

発売から時間が経ったことで店頭価格でもかなりお値打ち価格となっている他、インナーズームを採用した堅牢性の高い鏡筒は中古市場でも美品が入手しやすく、コスパの高い純正レンズとなっています。

価格情報

SONY FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

ズームレンズ > 望遠

SONY FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

Amazonで見る

新品: 147,510円 / 中古: 96,800円

楽天で見る

新品: 135,907円 / 中古: 98,800円

Y!ショッピングで見る

新品: 144,970円 / 中古: 98,800円

\大手より20%高く買い取る製品多数!/

ONE SCENEの買取サービス

カメラ/レンズを買い取ります!

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

本体の買取額:88,900円(定額)

参考:この製品の大手他社の買取参考価格は約84,000円です。大手他社より約4,900円お得です。

他の製品の買取価格を調べてみる >

製品情報

カテゴリズームレンズ
メーカーSONY
タイプ望遠
マウントSONY Eマウント

関連製品

製品
SONY FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

SONY FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

(本製品)

価格

新品: 135,907円

中古: 96,800円

新品: 131,260円

中古: 77,900円

新品: 28,999円

中古: 13,200円

新品: 260,970円

中古: 194,800円

新品: 290,020円

中古: 209,980円

新品: 248,230円

中古: 5,000円

焦点距離70-200mm70-300mm55-210mm(35mm判換算:82.5-315mm相当)70-200mm100-400mm200-600mm
F値F4.0〜22.0F4.5〜29.0F4.5〜22.0F2.8〜22.0F4.5〜40.0F5.6〜36.0
最短撮影距離100.0cm90.0cm100.0cm96.0cm98.0cm240.0cm
絞り羽根枚数9枚9枚7枚11枚9枚11枚
重量840g854g345g1,480g1,395g2,115g
発売日2014/03/202016/04/282011/10/142016/09/302017/07/282019/07/26
表は左右にスクロールできます

\ お持ちのカメラ・レンズ買います /

ONE SCENEの買取サービス

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

直近の買取実績

ミラーレス一眼

Canon EOS R

72,200で買取

(大手他社より+13,200円)

【内訳】本体(定額): 70,700円 / 美品: 500円 / シャッター数少: 1,000円

ズームレンズ

TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [キヤノン用]

49,450で買取

(大手他社より+4,450円)

【内訳】本体(定額): 46,500円 / 美品: 500円 / 別売り三脚座: 1,200円 / プロテクトフィルター・偏光フィルター: 1,250円

ミラーレス一眼

Nikon Z fc [ボディ シルバー]

60,250で買取

(大手他社より+11,250円)

【内訳】本体(定額): 58,700円 / 美品: 500円 / 予備バッテリー: 1,050円

単焦点レンズ

Nikon NIKKOR Z 85mm f/1.8 S

67,100で買取

(大手他社より+12,100円)

【内訳】本体(定額): 65,900円 / 美品: 600円 / フィルター: 600円

ミラーレス一眼

OLYMPUS OM-D E-M1X

61,000で買取

(大手他社より+11,000円)

【内訳】本体(定額): 59,900円 / 美品: 500円 / サードパーティーバッテリー2個: 600円

ミラーレス一眼

SONY α7 III(ILCE-7M3) [ボディ]

123,300で買取

(大手他社より+21,300円)

【内訳】本体(定額): 122,300円 / 美品: 1,000円

今スグ買取価格を調べる