トップ カテゴリ ミラーレス一眼 FUJIFILM X-T5
FUJIFILM X-T5

FUJIFILM X-T5

FUJIFILM Xマウント

2022/11/25発売

FUJIFILMのXシステムより、一眼レフスタイルのハイエンド機X-T5を紹介します。同年にフラッグシップ機X-H2とその高速機であるX-H2Sがリリースされており、その後追いとして登場したX-T5。X-H2との差異や、X-T5の立ち位置などについて詳しく解説していきます。

ONE SCENEでカメラ・レンズを出品しませんか?

手順通りに出品したものは、落札後「運営が1ヶ月の自然故障を保証」します。大切に使われてきたカメラ・レンズを適正価格で出品しませんか?

この商品の出品目安価格:美品 180,700円 ~ 良品 174,900円

スチールカメラとして更に洗練された新時代のX-Tシリーズ

FUJIFILM X-T5 / XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
FUJIFILM X-T5 / XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR出典: instagram(@shimo_ssan)

FUJIFILM X-T5 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-T5 / XF35mmF1.4 R出典: instagram(@shimo_ssan)

FUJIFILM X-T5 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-T5 / XF35mmF1.4 R出典: instagram(@shimo_ssan)

FUJIFILM X-T5 / XF16-55mmF2.8 R LM WR
FUJIFILM X-T5 / XF16-55mmF2.8 R LM WR出典: instagram(@shimo_ssan)

FUJIFUILMがメインに据えているAPS-C規格のステージを引き上げた、X-H2の登場からほどなくしてリリースされたX-T5。X-H2搭載の新しい4020万画素の裏面照射型センサーと画像処理エンジンを惜しみなく採用し、新時代のAPS-Cの絵作りを堪能できるものになっています。

ここで懸念してしまうのがX-H2との差異ですが、センサーと画像処理エンジンこそ同じであれ、細かい部分では大きく異なるカメラとなっています。

まず、小型化が極まっている点。X-T3→X-T4になるにあたって高性能に伴う若干のサイズアップがされたのに対して、X-T5は更に高性能になっているにも関わらずサイズ面ではX-T3へと先祖返り。軽量化も実現し、X-H2と比べると約100gも軽いです。

背面液晶の構造が変わったのも大きなトピックスです。X-T4でバリアングル式に変更したものをチルト式に戻し、また、ただのチルト式ではなく、ラージフォーマットのGFXシリーズにも採用されている3軸チルト式となっています。これによって、通常のチルト式の弱点であった縦位置アングルでのティルトも可能です。

バリアングル式とチルト式は、ユーザーの撮影スタイルや好みによって大きく意見が分かれるところ。ただ、背面液晶を展開することでレンズとの光軸がずれてしまうバリアングル式は、シビアな構図を求めるときに煩わしさを感じることがしばしば。そういった意味でX-T5は小型軽量なことも含めて、X-H2以上にスチール撮影に寄せたカメラと言えそうです。

EVFは約369万ドットのX-T4からの据え置き。それ以外の多くがX-H2とほとんど近いものになっていることを考えれば、約576万ドットの高精細なEVFは、X-H2のアイデンティティの一つとして譲ってもいいのではないでしょうか。

製品
価格

新品: 199,999円

中古: 126,800円

センサーサイズAPS-C(23.5mm×15.7mm)APS-C(23.5mm×15.6mm)APS-C(23.5mm×15.6mm)
有効画素数4,020万画素4,020万画素2,610万画素
連続撮影速度最高約20.0コマ/秒最高約20.0コマ/秒最高約30.0コマ/秒
4K対応
手ブレ補正機構
防塵・防滴
撮影可能枚数(ファインダー)590枚エコノミーモード時: 約680枚 ノーマルモード時: 約540枚600枚
重量476g579g526g
発売日2022/11/252022/09/292020/05/21

コンパクトで高性能、FUJIFILMの絵作りとともに気軽なスナップを楽しみたい

X-T4のサイズ&重量アップの要因となったボディ内手ブレ補正を、X-T3のサイズで実現しているX-T5。

しかも7.0段という強力な補正能力を有しているので、より手ブレがシビアになってくる高画素センサーを搭載しているX-T5においても安定した手持ち撮影を行うことができます。防塵防滴構造にもなっているので、屋外での使用も安心です。

また、FUJIFILMといえば「フィルムシミュレーション」と呼ばれる独自の絵作りも魅力で、それを目的にFUJIFILMを選ぶ人も少なくありません。RAWデータから自分なりに突き詰めるのも醍醐味ですが、Jpeg撮影でフィルムシミュレーションに倣った表現を現場で突き詰めるのも、新しい表現に出会えるチャンスになるかもしれません。

そのほか、被写体検出AFの性能の向上や、ピクセルシフトマルチショットで約1億6千万画素という超高解像度の写真を形成できたりと、写真表現を突き詰められる機能が豊富に用意されていることにも注目です。

ユーザーレビュー

■ ポジティブレビュー

  • 旧型から乗り換えても操作性を迷わない一貫性のあるデザイン
  • 被写体検出AFの精度は格段に上がっている
  • チルトなのでX-H2ではなくX-T5を買った
  • これだけ気軽に使える4000万画素機はなかなかない
  • 電池の持ちがかなり良く感じる

X-T4から洗練されているのが分かるレビューが多数。電池の持ちの良さを挙げている人も多く、ミラーレスの電池事情が気になってまだ導入できていない人にはグッと来るカメラかもしれません。

■ ネガティブレビュー

  • 価格に対して若干チープに感じる部分がある(主にシルバー)
  • デジタルテレコンをしたときに、RAWデータもクロップできる設定がほしい
  • 縦位置バッテリーグリップが無い

個人的な好みによるネガティブレビューが散見されるといったところ。本格的な使用方法を考えている人にとって、縦位置バッテリーグリップが用意されていないことはマイナスといえるかもしれません。

まとめ

FUJIFILMの看板機種であるX-Tシリーズも4020万画素を搭載した最新基準となり、まだまだシステムとして発展が見込めるXシリーズ。

見た目だけでなく中身もスチール機然としてX-T5は、動画機能を踏まえて少なくなってきているチルト式を採用している機種でもあるので、スチール撮影を突き詰めたい人は、選択肢の一つとして前向きに検討してみる価値有りです。

価格情報

FUJIFILM X-T5

ミラーレス一眼 > ハイアマチュア

FUJIFILM X-T5

楽天で見る

新品: 224,702円

製品情報

カテゴリミラーレス一眼
メーカーFUJIFILM
タイプハイアマチュアモデル
マウントFUJIFILM Xマウント

人気のストーリー

人気のミラーレス一眼

FUJIFILM X-T2

ハイアマチュア

FUJIFILM X-T2

新品: 103,563円 / 中古: 59,800円

FUJIFILM X-H1

ハイアマチュア

FUJIFILM X-H1

新品: 89,800円 / 中古: 75,000円

FUJIFILM X-Pro2

ハイアマチュア

FUJIFILM X-Pro2

新品: 299,800円 / 中古: 110,000円

FUJIFILM X-T3

ハイアマチュア

FUJIFILM X-T3

新品: 105,000円 / 中古: 87,500円

FUJIFILM X-T30

ミドル

FUJIFILM X-T30

新品: 127,799円 / 中古: 79,760円