HOMEズームレンズCanon EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EF24-70mm F2.8L II USM

Canon EF24-70mm F2.8L II USM

一眼レフユーザーなら誰もが憧れる24-70F2.8。大三元と呼ばれるレンズの中でも標準画角の24-70は特に人気があります。Canonの大三元標準レンズ、EF24-70mm F2.8L II USMは人気に応える性能となっているのでしょうか。超有名人気レンズの性能に迫ってみましょう。

ズームレンズ / Canon / 標準
新品:
176,210円〜(85)
中古:
97,800円〜(80)

プロユースの標準ズームレンズ


Canonの一眼シェアを考えれば、EF24-70mm F2.8L II USMは最も多くのプロカメラマンが購入しているレンズと言えるかもしれません。本来、画質を究極まで追求するプロカメラマンはF2.8ではなく、F1クラスの明るい大口径単焦点レンズを常用することが理想的となります。

しかし、報道撮影やスポーツ撮影、ウェディングフォトなど一瞬を逃せない撮影において、単焦点レンズを使っているとレンズ交換の間に撮り逃がすというあってはならないことが発生する危険性が生まれてしまいます。

そんな、一瞬たりともカメラを被写体から外せないプロカメラマンにとって24-70mm F2.8は必須のレンズとなります。広角から中望遠の手前までカバーできる焦点距離は汎用性が高く、レンズ交換なしで広い画角をカバーできます。またF2.8通しの開放絞りは大口径単焦点には及びませんが、ズームレンズとしては最も明るいレンズで、単焦点に近い描画力を生み出します。レンズ交換が許されない撮影シーンでもプロが安心して使える性能が必要なレンズです。

Canon EOS 5D Mark II / EF24-70mm F2.8L II USM
出典:flickr(@Patrick)

Canon EOS 70D / EF24-70mm F2.8L II USM
出典:flickr(@Amarnath)

Canon EOS 5D Mark III / EF24-70mm F2.8L II USM
出典:flickr(@Dick Thomas Johnson)

Canon EOS 5D Mark III / EF24-70mm F2.8L II USM
出典:flickr(@HENG FU MING)

Canon EOS 5D Mark III / EF24-70mm F2.8L II USM


EF24-70mm F2.8L II USMは、2012年というデジタル一眼全盛の時代でありCanonがNikonと熾烈なトップシェア争いをしている時代に作られたレンズです。当時、大衆向けカメラではCanonが先行していましたが、プロ向けカメラシェアではNikonとがっぷり四つに組み合っていて、CanonとしてはNikonのプロ向けシェアを崩したい中でEF24-70mm F2.8L II USMは開発されました。

防塵防滴、フルタイムマニュアル、裏起毛処理されたレンズフードなど、Lレンズにふさわしい基本性能があることは当然ですが、鮮やかな発色の描画はいかにもCanonらしいレンズとなっています。

よく、Nikonは「見たままの写真」、Canonは「鮮明な写真」などと評されますが、まさにその通りの描画となっています。さらに、5D Mark IVや1Dx Mark IIといったプロ向け一眼レフと組み合わせることでCanonらしさを最大に発揮できるレンズです。


デジタルレンズオプティマイザで最高の仕上がり


レンズはどうしても「収差」という欠点が発生します。レンズを通った光は屈折する際に均一には屈折できないので、形が歪む歪曲収差や、光の色の屈折率が違うことから色収差という色のにじみが発生してしまいます。レンズ素材や光学解析技術の向上でかなり収差は少なくなってはいますが、それでもレンズが光を屈折させる以上は0にすることはできません。

特にEF24-70mm F2.8L II USMの様なズームレンズは焦点距離が変化、全体の屈折率が変化するので収差が出やすくなります。そこでCanonは光学的には消し去れない収差をデジタル処理することで抑える技術を開発しました。

それがデジタルレンズオプティマイザです。デジタルレンズオプティマイザはレンズやフィルター類の特性を逆算して、収差を補正します。レンズからイメージセンサーまで全て内製化しているCanonならではの強みと言えます。

EF24-70mm F2.8L II USMもデジタルレンズオプティマイザを使うことで、よりシャープな写真を撮影することができます。どうしても単焦点に一歩譲る描画力ですが、デジタルレンズオプティマイザがあれば単焦点に迫る描画を得ることができます。

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2やSIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSMなど同じ焦点距離では社外製のレンズもありますが、デジタルレンズオプティマイザの威力を感じるのであれば純正レンズが必要です。

5D Mark IVや1Dx Mark IIではカメラ内でデジタルレンズオプティマイザによる補正が可能です。またCanonの現像ソフトであるDPPを使うことでもデジタルレンズオプティマイザを使うことができます。

Canon EOS 5D Mark IV / EF24-70mm F2.8L II USM
端に口径食も見られますが、全体的には文句ない玉ボケです

Canon EOS 5D Mark III / EF24-70mm F2.8L II USM
手ブレ補正がないので夜景には三脚固定が必須となります



手ブレ補正が搭載された後継機の発売はあるのか


初代EF24-70mm F2.8Lが2002年、2代目が2012年であることを考えると、そろそろ後継機の発売も待たれるところです。正式発表ではありませんが、「Canonはレフ機用レンズの開発を終了する」という情報もあります。

確かに時代はフルサイズでもミラーレスという流れになってきています。RFレンズがプロ向けレンズを先行して発売していることからも、プロカメラマンもミラーレスへの移行が促されているといえます。

では、EF24-70mm F2.8Lは2代目で打ち切りなのでしょうか。EF24-70mm F2.8L II USMは手ブレ補正、ISが搭載されていません。IS付きのEF24-70mm F2.8L IIも試作されましたが、レンズが巨大化してしまうので非搭載となったと言われています。

確かにTAMRON SP 24-70mm F/2.8やSIGMA 24-70mm F2.8と比べても手ブレ補正の有無による軽量コンパクトが実現されていることがわかります。F2.8の明るさがありシャッタースピードが稼げるので、手ブレにシビアではないということで、手ブレ補正よりも取り回しの良さが優先されています。

長時間このレンズを装着して撮影するプロカメラマンには、他社レンズよりも軽くコンパクトな24-70mmF2.8は歓迎されます。一方で、アマチュアカメラマンにとっては手ブレ補正で様々なシチュエーションを安心して撮影したいという要望もあります。

RF24-70 F2.8には手ブレ補正が搭載されているので、技術的な問題はクリアしていると考えられますが、レフ機レンズ凍結の噂もあり次期EF24-70F2.8の発売は不透明です。手ブレ補正のある標準ズームF2.8としてはTAMRONやSIGMAといった社外レンズを選ぶというのが現実的な選択肢で価格もリーズナブルとはなりますが、前述の通り描画力とのトレードオフにはなります。

ミラーレスではレフ機のレンズも使えるので、現状レフ機を持っていて大三元を揃えるのであれば、発売不明な後継機を待たずにEF24-70mm F2.8L II USMで、手ブレはプロっぽく腕でカバーと割り切っても良さそうです。


おすすめの撮影シーン


EF24-70mm F2.8L II USMのレビューでは「便利ズーム」という声が多く聞かれます。やはりズームレンズは1本で様々な撮影を完結できるので便利になります。特にEF24-70mm F2.8は単焦点の代わりにも使えるほどの明るさなので、レンズを多く持ち歩けない旅行先でのスナップなどでは大活躍します。

Canon EOS 5D Mark III / EF24-70mm F2.8L II USM
日中のスナップ撮影はシャッタースピードが稼げるので手ブレの心配は全くありません


ネット上のユーザーレビュー


ポジティブレビュー

  • F2.8通しの標準ズームとしてはコンパクト
  • AF速度は12年発売とは思えないほどのスピード
  • コマ収差や色収差などがとにかく少ないのはさすがLレンズ
  • Canon純正で揃えるなら文句のない選択肢
  • 1Dxや5Dの性能を活かすには必携のレンズ

プロカメラマン御用達の「便利ズーム」として、様々な場面で高い描画力をキープできる実力に高評価が集まります。
 
ネガティブレビュー

  • 良くも悪くも優等生なレンズで面白みはない
  • 全てを正直に描写するので写真の腕がバレる
  • 手ブレ補正がないので、ちょっと暗くなったら気を遣う
  • 発売から時間がたっても値段が下がらない
  • やっぱり単焦点ほどの描画力はない

費用対効果として、価格ほどの性能をどこに求めるかということで不満のあるユーザーもいる様子です。


まとめ


EF24-70mm F2.8L II USMは単なる大三元の人気レンズというだけでなく、プロが実用に足る性能のレンズとなっています。特に5D Mark IVや1Dx Mark ㈼といったプロ向け一眼レフとの相性は良く、Canonの強みが存分に生かされたレンズです。

レフ機レンズの開発がストップされるという情報もある中で、レフ機ユーザーにとって今後は貴重な存在になっていくかもしれません。
基本仕様
対応マウントCanon EFマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成13群18枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

最短撮影距離38.0cm
最大撮影倍率0.21倍
開放F値F2.8〜22.0
画角84~34 度
手ブレ補正機構-
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ88.5x113mm
重量805g
フィルター径82mm
発売日
発売日2012年09月06日